管理人:thenk
サイト名:画帳
IAM:
すきなことを!
すきなように!
たびんちゅ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)

スポンサー広告

ロマネスク建築

ロマネスク建築

の様式は10c~12c西ヨーロッパで作られてたものだよ
ロマネスクってのは
ローマ風のって意味でこれは19世紀以降につけられた名前だよ
ローマ建築とかは深い関係がなく、
ローマ周辺で盛んになったからこんな名前になったんだってサー


レ・ロマネスク
8c頃からロマネスクのおぼろげな輪郭が出来ていたそうで
8c~10cの間をプレ・ロマネスクと呼ぶそうです。
建築形態はバシリカと単廊式教会堂が使われていました。
単廊式教会堂は、柱のない1つの空間に内陣(ステージみたいな感じ)
がある単純な造りです。しばしば、これにアプス(円形だったり多角形のくぼんだ所)
や小礼拝室などが付け加えられます。

バシリカはイタリア半島では初期キリスト教建築の伝統的な形式でつくられましたが、イベリア半島北部のアストゥリアス地方では、イタリアとは異なる性質を持つバシリカを生み出しました。
初期キリスト教建築では身廊と側廊がつながった空間なのに対し、これは身廊、側廊が隔てられ
継ぎ足して作られたような空間になっている。


西構え
これは上部に 塔のような外観の突出部を備えた西端部であり
実際これはその当時に塔と呼ばれ、次いで完全な塔となりました。


西正面
西構えが発達して西正面となり
その形態によって縮小型西構え、三塔型、双塔型、横断型、単塔型
と分類されます。
外壁に装飾のない西正面の建築が
ロマネスク建築の代表的なものです。
200910131320481b3.jpg
ジュミエージュのノートルダム聖堂(ウィキより

簡単になったけどこれでいいのだろうか。
参考はウィキペディア様です。
なるべくなら写真はフリーサイトから持ってきたい。
でもなかったりする;かなしす;

スポンサーサイト

2010.03.02(Tue)

西洋建築史 // コメント-0件 // トラバ-0件

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ見せる

トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。