管理人:thenk
サイト名:画帳
IAM:
すきなことを!
すきなように!
たびんちゅ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)

スポンサー広告

バロック・ロココ建築

バロック建築

大体16cスタート

うぃきより
バロックの語源はポルトガル語のBarocco(歪んだ真珠)といわれ、
元々は一部に見られるグロテスクなまでに装飾過剰で大仰な建築に対する蔑称であったが、
のちに広く17・18世紀の美術・建築に見られる傾向を指す様式概念として用いられるようになった。


そうです。
何って、装飾。絵画だったり彫刻だったり。
内部空間がすげーってなってるやつ。

あれ?それくらいじゃね??
短いから次いで

ロココ建築

主に宮廷建築で用いられた
後期バロック建築の傾向を指すもの


外部ではなく、室内装飾に特徴があります。

ロココ(Rococo)はフランス語のロカイユ(rocaille 岩)に由来する。
バロック時代の庭園に造られた洞窟(グロッタ)に見られる岩組のことであった。
それが転じて、1730年代に流行していた、曲線を多用する繊細なインテリア装飾をロカイユ装飾と呼ぶようになった。イタリアの貝殻装飾に由来すると考えられているが、
植物の葉のような自由な曲線を複雑・優美に配したものである。
ロカイユ装飾が天井周りに多く使われ、壁と天井の境界が明確でなくなるのがロココの特徴である。
大規模・重厚なバロック宮殿よりは、小規模なサロンを好む繊細な趣味が基調にある。



豪華な宮殿!
曲線!曲線!壁と天井あいまい!
あれ葉っぱ~!
てやつだな。うん。
ほとんどってか、全部引用になってしまたw

ウィキペディア様より
バロック建築
ロココ建築
スポンサーサイト

2010.03.02(Tue)

西洋建築史 // コメント-0件 // トラバ-0件

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ見せる

トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。